ほたて

本の感想

『僕は自分が見たことしか信じない』内田篤人

皆さんこんにちは!今日は雨がすごいですね!

どうもほたてです!

 

今日は内田篤人さんの『僕は自分が見たことしか信じない』を読んだので、それをちょっと紹介したいと思います!

 

まずはこの本の評価

(完全に主観なので適当にスルーしてください)

★★★★★

です。

 

僕は、サッカー選手の書いた本を結構読むんですけど、その中でもこの本は結構上位に入る本です。

 

内田篤人という人間が、どういう考えを持って生きているのか。考えることの大切さを知ることの出来る本です。

 

では、その内容を少し紹介したいと思います!

 

まずは、、、

 

この本には内田篤人の人生訓22というものが出てきます。その中でも僕が自分の教訓にしようと思ったものを3つ紹介します。

 

   ①言い訳や文句は言うべきではない

       言い訳を並べるのではなく、事実をありの

       ままに受け入れる。それがかっこいい男で

       す。

    ②素の自分を隠さない

        他人に合わせて、無理に世間話や雑談をす

        る必要はない。こいつは静かだけれど、意  

        外と面白いヤツだって分かってもらえれば

        いいんです。

     ③自分の言葉で話す

        ありきたりの言葉ではなく、自分の頭で考

        え、作り出した言葉で伝える。自分なりの

        言葉を絞り出しましょう。

 

3つ紹介しましたが、その他の教訓も全て骨身に染みる言葉が綴られています。

 

また、彼はとても友達思いの人間です。彼のように友達、家族、周りにいる人、恋人を大切に生きていきたいと胸に刻みました。

 

今回紹介したのはこの本のごく一部です。気になった方は本書を読んでみてください。

f:id:hotate_rin:20170621142934j:image

Amazonで購入できます!

http://amzn.to/2sp77Yl

↓その他の内田篤人さんの本です。

http://amzn.to/2soHPt9

 

 

『多動力』堀江貴文

どうも!みなさんこんにちは!

ほたてです!

 

ホリエモンこと堀江貴文さんの『多動力』という本を読んだので、その感想などを書いていきます。

 

ホリエモンさんのは証券取引法違反の容疑で逮捕され、2011年から2013年の間長野刑務所に収容されていました。

その間も電子機器が使えない状況ながら、メルマガの配信を途絶えさせなかったホリエモン。そんな彼が伝える「多動」のエッセンスを明かしている本です。

 

ホリエモンTwitter

→@takapon_jp

 

まずは、、、

 

1、なぜメルマガを配信できたのか?

刑務所で許されるのは1日便箋1枚分の手紙のみです。その手紙を利用して、1枚になるべく多くの情報を書き込み、それを刑務所の外にいる人間に渡し、代わりにメルマガを更新してもらっていました。極限の状態でも出来ることをやるのです。

 

2、ストレスフリーを心がける

言いたいことはその場で全てぶちまけるのです!特に刑務所の中なんかは通常では考えられないような人がたくさんいます。そんな人たちを相手に我慢していたら、ストレスは貯まる一方です。もちろん日常生活でもです。嫌なことはその場で言って、酒でも飲んで忘れましょう!

 

3、自分の肩書きを3つ持つ

これは変えの効かない人になるといい事です。肩書きが一つしかなければ変えの人間はいくらでもいます。そこで3つ持つことで唯一無二の価値を自分に生み出すのです。

 

4、電話をかけてくる人とは仕事をしない

電話をかけるといのはその人の時間を奪うという行為です。電話には出なくていいのです。全てメール、LINEで済みます。その代わりメールやLINEのレスは秒で返しましょう。

 

5、よく寝る

ホリエモンさんは最低でも8時間は寝ているそうです。寝ないと作業効率が落ちるだけです。

みなさん、スマホを閉じて寝ましょう。

 

最後に、、、

 

いかがでしたか?

今回紹介したのはあくまで僕が参考になった一部分だけです。気になった方は本書をぜひ読んでみてください。

Amazonで購入できます!

http://amzn.to/2s8F0fT

↓その他のホリエモンの本です

http://amzn.to/2s8Fbb3

 

 

 

 

『ポジティブ・チェンジ』メンタリストDaiGo

今回紹介するのはメンタリストDaiGoさんの『ポジティブ・チェンジ』です。

 

世の中にはみんなから尊敬されるような凄い人、かっこいい人がいます。そんな人たちみたいになるには今の自分ではダメだと思いこの本を手に取りました。

 

1、準備するより行動をする

たしかに準備をすることは大事なことです。しかし、それは裏を返せば準備が出来なければ行動しないということです。まずは動き出そうということです。

 

2、使う言葉を変えていく

今はスマホの予測変換というものがありますね。この機能を上手く活用して使う言葉を変えていくのです。マイナスな言葉でなくプラスな言葉が予測変換で出てくるように意識するのです。

 

3、付き合う人を選ぶ

人は付き合う人に似てきます。こうなりたくないなという人とは付き合わないべきです。

 

最後に

いかがでしたか?

 

この記事はあくまで自分が参考になった部分しか紹介していないので、気になった方はぜひ本書を読んでみてください。

 

※今回のブログは「なるブロ」http://www.naruho-blog.net/entry/2017/06/12/194735さんのブログを参考にしてみました。僕のブログは、まだまだ読みにくく、クオリティが低いですがどうかよろしくお願いします!

 

 

Amazonで購入できます!

http://amzn.to/2t9puPg

↓その他のDaiGoさんの本です

http://amzn.to/2s878zy

『スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則』ハワード・ビーハー、ジャネット・ゴールドシュタイン

 今回紹介するのはあの有名な会社

 

スターバックス

 

についての本です!

 

皆さんもスタバよく行きますよね?課題をやったり、友達としゃべったり、くつろげる空間を提供するスターバックス

 

そんな会社にはどんな秘密があるのかと思いこの本を手に取りました。

 

まず、スターバックスには「グリーン・エプロン・ブック」という小さな緑色の小冊子があります。ここにはスターバックスの持つ信念が書かれています。

 

それをちょっと紹介します。

 

①自分に正直になるーかぶる帽子を一つにする

 

②なぜこの会社で働くのかー出世のためにではなく、正しいことのために行動する

 

③自分の頭で考えるー掃除をする人がほうきを選ぶべきだ

 

④信頼を築くー心から思いやる

 

⑤真実に耳を澄ますー壁は語る

 

⑥責任を持つー真実じゃなければ嘘だと見抜かれる

 

⑦行動するー行動的に考え、思慮深く行動する

 

⑧困難に立ち向かうー何より人を中心に考える

 

⑨リーダーシップを発揮するー大きな雑音と静かな声

 

⑩夢を持つー「イエス」は世界一パワフルな言葉

 

f:id:hotate_rin:20170616131551j:image

http://amzn.to/2s8ejb9

『世界で一番小さな家』フィリス・リチャードソン

僕王様のブランチでやってる物件キャッツアイとか、大改造ビッフォーアフターとか、物件見るのが好きなんですよ。

 

 今回紹介する本はそんな物件好きにはかなりオススメです。

 

少年のようにワクワクしながらページを捲っていける本です。今も捲りながらブログ書いてます。

 

ドキドキしてます。

 

恋です。

 

恋ではないですね。

 

とってもオススメです。

 

 

f:id:hotate_rin:20170612114015j:image

Amazonで購入できます!

http://amzn.to/2rQnxZi

『超一流の雑談力』安田正

さっき記事を書いて公開したんですが、、、

 

なぜか全部消えている!!たまにあるんですよね、、

 

はぁ、、、

 

ちょっとやることが沢山あるので、原稿メモだけ載せときますね、、はい、、、

 

“メモ”

ファの音
話の目的
自己開示
さわやかあいさつ
ヨコで探りタテに掘る
政治、宗教×
interesting>funny
雑談ネタを5.6個
使える知識>雑学
日経産業新聞
プレジデント、日経ビジネス
週刊文春週刊新潮
カンブリア宮殿ガイアの夜明け
ためしてガッテン
関連知識
なるほど、そうですね×⇒『さしすせそ』
さすがですね
知らなかったです
素敵ですね
センスが良いですね
それはすごいですね
うなずきのバリエーション
何か特別なことをされているんですか?
意図のある質問を
なぜ?×
振り返る
口角上げる歯を見せる
ちょいモリ
目線を外しさりげなく褒める
値段<手間ひま
数十秒のやりとり
流れを切らない雑談から繋げる
ポイントを先に言う

 

良かったら読んでみてください。ぜひ。

 

AmazonのURLです。
<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=rintarou8300d-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=4905073154&linkId=a96c4a05c995d6b36e6f0814a86f2f29&bc1=ffffff<1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">
</iframe>

 

『だから数字にダマされる』小林直樹

今回紹介するのは『だから数字にダマされる』です。

 

たとえば、若者の〇〇離れ

 

についての本です。

 

はてしてその〇〇離れは本当なのか?

 

本をよんで確かめてみてください!

 

 

 

 

f:id:hotate_rin:20170529173651j:image

AmazonのURLです。

http://amzn.to/2sJRmt5